対戦☆ZOOKEEPER攻略 その12 泥や園長が来てしまったときの対応 


ちょっぴさんコメントありがとうございます。

今回は、泥や園長がきてしまった場合の対応をご紹介します。

まず対応策を考えるにあたって、泥と園長の特徴をご紹介します。

泥はともかく園長について意外と知らない方も多いはずです。



・ラウンド開始より15秒間、動物パネルが白黒になる
・15秒後には元の状態に戻る

園長
・ラウンド開始時に動物パネルに加えて園長パネルが追加されて始まる
・ラウンド開始より15秒間、新たに追加されるパネルの種類に園長が追加される
・15秒後には新たに追加されるパネルの種類は通常に戻る
・残っている園長パネルはラウンド終了まで自動に消えることはない



こうしてみますと、どちらも少なくとも30秒間ある1ラウンドのうち半分の時間である15秒間のハンデを負うことになります。


しかし、泥は15秒経過してしまえばそのハンデはなくなりますが、

園長の場合は新たに追加されるパネルに園長が出てこないだけで画面に残っている園長パネルが消えることはなく30秒間ずっとハンデを負った勝負をしなければなりません。


それぞれの特徴を確認したところで、続いてこれらに対する私がとっている対応策をご紹介します。


まず、泥に関してです。

泥については、いつも通り消せるところをあらかじめいくつか探してから消しています。


ただ、パネルが見えにくいのである程度見やすい動物を優先的に探しています。例えば、パンダなんてカラーでも白黒でも大差はないですし、ライオンのたてがみも比較的見やすいです。(おそらく個人差あり)


次に園長への対応策です。


園長は15秒経過しても残っている園長パネルが残り続けるという厄介な特徴がありますので、私は素直にワインを使うことが多いです。ワイン以外にも15秒経過してシャッフルを使う手もあります。


ですが、ワインもシャッフルも無限にあるわけではないのでないときは次のような対応をとっています。

・園長パネルが優先的に消えるような消し方をする
・15秒経過して園長が消えた瞬間にNO MORE MOVEを狙う


1つ目ですが、これは15秒経過しても残っている園長が少ないと全体に与える影響が小さくなるからです。


ただ、連鎖をしながら園長を消せるような配置に持っていくことが難しいです。


2つ目は、やや運の要素が強いですが、パネルの種類が増えていることを逆に利用した戦法で、通常よりもNO MORE MOVEは狙いやすいです。


15秒経過するまでにNO MORE MOVEを達成しても補充されるパネルに園長が入ってきてしまうので注意してください。

大体、こんなところでしょうか?

泥と園長がダブルで来てしまったときは、どちらの対応もとればいいのですが、実情はかなり厳しいですね。


今回もここまで読んでいただきどうもありがとうございました。
ご不明な点や困っている内容がございましたらどうぞコメントでお知らせください。






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。