対戦☆ZOOKEEPER攻略 その9 同時消しで気をつけること


前回は同時消しの魅力をお伝えしました。

同時消しのメリットとして注目すべきなのはやはり得られる得点が倍増するという点です。

また、前回は紹介しませんでしたが同時消しには、放置してしまえば連鎖に活用できないパネルを残さないというメリットも存在します。

図を用いて説明しますと・・・

9-1.JPG

という感じです。


さて、そろそろ今回の本題であるその同時消しを行う際に気をつけることに入りたいと思います。

ここで述べることは同時消しに限った話ではないのですが、私は特に同時消しをするときに気をつけて対戦をしています。

先程、上で説明したことに通じていますが、つまり邪魔なパネルを作らないように、

あるいは逆に消せる配置にパネルを消しながら入れ替えることがZOOKEEPERをするにあたって非常に重要な戦法といえます。

ここでも、図を用いて説明します。

9-2.JPG

この場合、4個消しをした場合とアクティブ連鎖で2連鎖した場合を比較します。

得られるポイントは4個消しのほうが1だけ多くなります。

しかし、消した後を見てみますと4個消しをしたほうはサルのパネルが2枚残ってしまい邪魔になってしまいます。
(降ってくるパネルで邪魔にならない場合もあります)


次のステップを考えると、このような状況では同時消しよりもアクティブ連鎖を行った方がよい判断といえるでしょう。


4個消しや5個消しといった同時消しができる状況ではこのようなことがよく起こりますので、同時消しができるからと言ってすぐに飛びつかず、
少し考えて消すと、あとが苦しくなって結局スコアが伸びなかった・・・なんてことにはならないはずです。


ただ、同時消しをしても影響がない場合もありますし、前回から説明したようなメリットがあるので積極的に狙ってみることをお薦めします。


次回
縦消しと横消しについて説明します。すみません、もっと早い段階に説明すべき内容でした。
項目が増えてきたのでそのうち系統別、順序別に並べ直します。






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。