対戦☆ZOOKEEPER攻略 その4 特殊パネルを消すタイミング




今回は、たまに現れる特殊パネルの扱い方を説明します。

この特殊パネルをうまく使うことで、前回説明したアクティブ連鎖へとつなげることや、パネルを消しやすくすることができます。

特殊パネルにはスペシャル、バケツ、園長、ハート、双眼鏡があります。

それぞれについての使うタイミングは次の通りにすると多くの場合、対戦に有利になります。

スペシャル・・・連鎖の最後に
バケツ・・・見つけ次第すぐに
園長 ・・・見つけ次第すぐに
ハート・・・見つけ次第すぐに
双眼鏡・・・任意で


ここで、注意して頂きたい点がいくつかあります。

まず、すべてに共通して言えることです。

それは、特殊パネルを消すことによって他のパネルの並び方が消しにくい形になってしまわないかということです。

文字だけでは少々、難しい表現となっていますが図にしてみるとわかりやすくなります(図1)。

4-1.JPG

このようなことは、特殊パネルに限ったわけではなく実際にもよく起こります。

それを見極め回避する方法のひとつとして前回説明した方法を使うと効果を発揮します。

今度は、逆に特殊パネルを消すことによって連鎖が起きるような配置になっているときがあります(図2)。

4-2.JPG

このようなときは、特殊パネルを消した後も連鎖が途切れることなく連鎖を続けることができます。

なので、このような場合の特殊パネルは見つけてもすぐに消さず、連鎖の一部として使うようにしましょう。


また、双眼鏡に関してのタイミングは色々あります。
連鎖の補助に使うのもいいですし、消すべき場所がわからない時に使うのもいいです。

ただし、消すところがたくさんあるのにこれを使ってしまうと画面が見にくくなってしまって、逆に見つけるのに苦労してしまうのでご注意ください。


ところで、双眼鏡を使ってみたところ消せる場所が1ヶ所、2ヶ所しかなかったという経験はございませんか?

はたして、それはもともと消せる場所がなかったからでしょうか?
もちろん、その可能性も十分考えられます。

しかし、知らず知らずのうちに自分で消せない形を作りあげてしまった可能性もあります。

ということで、次回は消せない形について説明したいと思います。


読んでくださり、どうもありがとうございました。
ご不明な点や疑問に感じられた点が御座いましたらコメントなどでお知らせ下さい。






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。